THAT IS GOOD THAT IS GOOD

片桐仁の日本全国ご当地粘土道 第一回

NENDO-MICHI of JIN KATAGIRI ~NIPPON local soul of clay~ vol.1

俳優・芸人そして彫刻家の片桐仁による新連載「片桐仁の日本全国 ご当地粘土道」をスタートします!

Jin Katagiri, an actor, entertainer and sculptor, will start a new series “NENDO-MICHI of JIN KATAGIRI ~NIPPON local the soul of clay”!

約20年にわたり「何かに粘土を盛る」という方法で粘土作品を作り続けてきた片桐仁。細部までこだわり抜いたディテールや一見するとグロテスクでありながらつい微笑んでしまう愛らしさのある作品が見る人々を魅了してきました。2015年〜2018年まで日本全国での個展を実施し、2019年には台湾で初めての海外個展も実施しました。
片桐仁のユニークで奇想天外な作品達をもっともっと世界中の人々にも見てもらいたい…そんな思いからTHAT IS GOODで、連載をスタートすることになりました。
「日本全国のご当地作品」をテーマとして、日本各地の紹介と共に、全国47都道府県の名産品、伝統工芸、地域の特徴などなどからインスピレーションを得た作品を発表していきます。

Jin Katagiri has been making clay works for about 20 years by “placing clay on something”. The details that are particular about the details and the lovable works that seem to be grotesque but smile at first glance have fascinated the viewers. Held solo exhibitions all over Japan from 2015 to 2018, and held the first overseas solo exhibition in Taiwan in 2019.
We want people all over the world to see more and more of Jin Katagiri’s unique and strange works. With that in mind, we decided to start the serialization with THAT IS GOOD.
Under the theme of “local works from all over Japan,” we will introduce works from all over Japan and present works inspired by the specialties of 47 prefectures, traditional crafts, and regional characteristics.


第一回 『山形県』

Vol.1 “Yamagata Prefecture”

タイトル 『ザ・山形(マウンテン フォルム)』
法量:縦×幅×奥行=425×360×150(mm)
材料:エポキシパテ、スカルピー、ハーティ粘土、厚紙、スタイロフォーム、タイコ鋲

Title “The Yamagata (Mountain Form)”
Law amount: length x width x depth = 425 x 360 x 150 (mm)
Materials: Epoxy putty, Sculpey, Hearty clay, Cardboard, Styrofoam, Taiko studs

ご当地作品、連載1回目は父親の実家、天童市がある山形県にしました。
天童といえば、日本一の将棋の駒の生産地。
家に実家から持ってきた『左馬』と呼ばれる、逆さまに『馬』の文字が刻まれた、巨大な将棋の駒があったので、「こんな感じのものを作れないかなー?」と思っていた。

The first local work in the series was in Yamagata Prefecture, where my father’s parents’ home, Tendo City, is located.
Speaking of Tendo, Japan’s number one producer of shogi pieces. There was a huge shogi piece called “Hidari uma (Left horse)” that I brought from my parents’ house, with the Kanji letter “Uma(horse)” engraved upside down, so I thought, “Can I make something like this?”

その時、「『山形』を英語にすると、マウンテン…。そうだ!あの超人にしよう!」と思いつきました。栓抜きにしたのは、こういう栓抜きが実家にあったからです。でも、大銀杏みたいでいいでしょ?
※大銀杏(おおいちょう)
大銀杏とは、大相撲の十両以上の力士(関取)が結うことができる髪型。髷の先端が大きなイチョウの葉に似ていることからこの名前がある。

At that time, I came up with the idea, “If you translate” Yamagata “in English, it’s a mountain … That’s right! Let’s make that superhuman!” I chose the bottle opener because there was such a bottle opener in my parents’ house. But it looks like a big ginkgo, right?
*Ohicho
Ohicho is a hairstyle that can be tied by more than Juryo sumo wrestlers (Sekitori).
The name comes from the fact that the tip of the Mage(topknot) resembles a large ginkgo leaf.

将棋の駒は厚紙やエポキシパテを使ってエッジを作り、手と顔まわりはスカルピー。柔道着はハーティを使いました。モコモコした柔道着の質感と、シャープな駒の造形とのギャップがよく出たと思います。

Shogi piece is made of cardboard or epoxy putty to create edges, and the hands and face are sculpey. I used Hearty for Judo wear. I think there was a good gap between the texture of the fluffy judo clothing and the sharp pieces.

手足は将棋盤の脚の形をモチーフにしています。駒の木目を塗装で表現するのが、難しかったけど楽しかったです。柔道着で殆ど見えなくなってしまいましたが…。

The limbs are based on the shape of the legs of a shogi board. It was difficult but fun to express the grain of the piece by painting but it almost disappeared in judo clothes …

著:片桐仁
written by Jin Katagiri

片桐 仁
1973年11月27日生まれ / 埼玉県出身 / 多摩美術大学卒業
ドラマを中心に舞台、映画、ラジオなどで活躍中。近年の主な出演作は「99.9%-刑事専門弁護士-」(TBS)、「あなたの番です」(NTV)、「NHK 連続テレビ小説 エール」(NHK)などがある。
俳優業の傍ら粘土創作活動も行い、2016年から2018年までは「片桐仁不条理アート粘土作品展 ギリ展」にて全国ツアーを開催。2019年は初の海外個展を台湾で開催している。

Jin Katagiri
Born November 27, 1973 / Born in Saitama Prefecture / Graduated from Tama Art University
Active in the stage, movies, radio, etc., mainly in TV dramas series. Major appearances in recent years include “99.9% -Criminal Lawyer-” (TBS), “Your Turn to Kill” (NTV), and “NHK Morning drama series Yell” (NHK).
In addition to acting, he also creates clay, and from 2016 to 2018 he held a national tour at the “Jin Katagiri Absurdity Clay Art Exhibit Giri Ten.” In 2019, he is holding his first overseas solo exhibition in Taiwan.


山形県天童市について

About Tendo City

人間将棋(写真提供:天童市)
Human Shogi (Photo provided by Tendo city)

片桐仁のルーツとなる天童市は山形県の東部に位置しており、「日本一の将棋駒の産地」として有名である。街づくりでも「将棋」にこだわり、官民一体となり様々なイベントを開催している。その中でも一大イベントとされているのが、「人間将棋」である。約2000本の桜が咲き乱れる舞鶴山を舞台に、甲冑や着物姿に身を包んだ武者や腰元達が将棋の駒となり大局を行う様子はなかなか壮観である。

Jin Katagiri’s roots in Tendo City are located in the eastern part of Yamagata Prefecture, and are famous as “the best shogi piece producing area in Japan.” Even in urban development, people are particular about “shogi” and hold various events together with the public and private sectors. One of the biggest events is “Human Shogi”. Set in Maizurusan, where about 2,000 cherry blossoms are in full bloom, it is quite spectacular to see the warriors and maids dressed in armor and kimono acting as shogi pieces and performing the big picture.

胸に「山形県」の形。腕には、山形県の特産品の「さくらんぼ」。
The shape of “Yamagata Prefecture” on the chest. On the arm, “cherry”, a special product of Yamagata prefecture.

「左馬」について

About “Hidari uma”

左馬(画像提供:天童市)
Hidari Uma (photo provided by Tendo city)

新作「山形」のヒントとなった「左馬」は、天童独自の将棋の駒である。将棋本来のゲームでは存在せず、福を招く商売繁盛の守り駒として、家を新築した方や商売を始めた方への送り物として重宝されているとのこと。「左馬」が縁起物とされることになった由来は、
・ 左馬は「馬」の文字が逆さに書いてある。「うま」を逆から読むと「まう」と読める。「まう」はという音は、昔からめでたい席で踊られる「舞い」を思い起こさせるため「左馬」は福を招く縁起の良い駒とされている。
・ 「馬」の字の下の部分が財布の巾着の形に似ているとされ、巾着は口がよく締まって入れたお金が逃げていかないため、富のシンボルとされている。
・ 一般的に馬は人がひいていくものだが、その馬が逆になっているため、通常とは逆に馬が人をひいてくる(=招き入れる)ということから商売繁盛に繋がるとされている。
など諸説あると言われている。

“Hidari uma”, which was a hint for the new work “Yamagata”, is a piece of shogi unique to Tendo. It does not exist in the original game of shogi, and is useful as a protective piece for prosperous business that invites good fortune, for example, it is a gift for those who have built a new house or started a business.
The origin of the “Hidari Uma” being regarded as a lucky charm is as follows.
・The word “Uma(means horse)” is written upside down on the left horse. If you read “Uma” from the opposite direction, you can read “Mau”. The sound of “Mau” is reminiscent of the “dance” that has been danced in happy seats for a long time, so “left horse” is said to be an auspicious piece that invites good fortune.
・The lower part of the Kanji letter “horse” is said to resemble the shape of a purse, and the purse is a symbol of wealth because it has a tight mouth and the money you put in does not escape.
・Generally, a person pulls the reins of a horse, but since the horse is upside down, in the opposite sense, the horse attracts (= invites) people, which is said to lead to prosperous business.

記念すべき第一回目が、縁起物「左馬」からインスピレーションを受けた作品の誕生となり、2021年に向けて福も一緒にお届けできればと幸運を願っております。日本には地域によって数々の「縁起物」があるので、連載の中で紹介できることもあるかもしれません。是非新作の発表も楽しみにお待ちください。

The first memorable work was inspired by the lucky charm “Hidari uma”. We hope that we can deliver good luck together for 2021. There are many “lucky things” in Japan depending on the region, so it may be possible to introduce them in the series. Please look forward to the announcement of the next new work.

著:THAT IS GOOD編集部 藤田
Written by THAT IS GOOD editorial department Fujita

RELATED ARTICLE

pagetop